左リストマーク 2.0 労務管理1つ前のカテゴリー| 次のカテゴリー4.0 最近の法改正 右リストマーク
3.0 人事制度
 
  • 3.1 職務分析
  • 3.2 職務評価
  • 3.3 職務等級制度
  • 職務とは?

    いろいろな定義がありますが、私は、”仕事を通じて果たすべき責任”を「職務」と考えます。
    「職務を全うする」と言うと、少し分かったような気がします。
    「仕事」はしても、その「責任」が果たされていない場合には、職務が全うされていないと言えます。

    また、同じような仕事をしていても、自分で判断し自分の責任で行う場合と誰かに援助や指導を受けながら行う場合があります。
    これも、職務が異なると捉えます。

    タグ:  

    投稿者: 時々?!社労士 :2014年8月28日 18:27||コメント (0) | トラックバック (0)

    職務分析とは?

    職務分析とは、職務の内容と責任を明らかにすることです。

    タグ:  

    投稿者: 時々?!社労士 :2014年8月26日 18:55||コメント (0) | トラックバック (0)

    「職務給」と「職能給」

    従業員の待遇を決める時に何を基準に決められていますか?
    待遇として、一番重要なものが「賃金」です。
    「賃金」は何を基準に決められていますか?

    賃金を決める基準として「年齢」や「職務」、「職能」が上げられます。

    続きを読む »"「職務給」と「職能給」"

    タグ:  

    投稿者: 時々?!社労士 :2014年8月24日 16:16||コメント (0) | トラックバック (0)

    職務分析の目的

    職務分析とは職務の内容を明確にすること。

    「職務分析」により、一人一人の仕事の内容やレベル責任が明確化され、目標を作ることができます。また、職務のレベルを分け、個人の仕事能力にあった配置をすることができます。
    「仕事基準の人事評価」ができます。

    続きを読む »"職務分析の目的"

    タグ:        

    投稿者: 時々?!社労士 :2014年8月24日 11:33||コメント (0) | トラックバック (0)

    3.0 人事制度 過去のエントリー

    右リストマーク 職務分析の目的 [2014.08.24]
    「職務分析」の目的は仕事の内容と責任を明らかにすること。 「職務分析」により、一人一人の仕事の内容やレベル責任が明確化され、目標を作ることができます。また、職務のレベルを分け、個人の仕事能力にあった配置をすることができます。 「仕事基準の人事評価」ができます。

    このページの上へ